プログラミング学習の重要性を語る8人の成功者たち

フリーエンジニアクリエーターの小松です。今回は、なぜ今の時代にプログラミングの重要性が叫ばれているのかについて話していきましょう。

プログラミングのプの字を知らないかたにもわかりやすいように、なるべく難しい言葉を使わずに書いていますのでスキマ時間に読んでもらえると嬉しいです。

この記事を読み終える頃には、あなたはプログラミングを学びたくて仕方がなくなっているかもしれませんね。

そもそもプログラミングとはなんなのか?

まずは、プログラミングの概念についてお話ししていくことにしましょう。

プログラミングというと、皆さんはどんなイメージをしますか?
* 作業を楽にしてくれる
* 難しそう
* 理系の人しかできない etc…

人によって様々なイメージがあると思いますが、wikipediaによると次のように書かれています。

コンピュータのプログラミング(英: programming)とは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。
プログラミング (コンピュータ) – Wikipedia

一言で言えば、 やってほしいことをコンピュータに命令するためにプログラムを作ることですね。これがプログラミングです。

ただし、コンピュータには人間の言葉を理解することはできません。そのために、専用の言葉で命令をする必要があります。この専用の言葉というのが、プログラミング言語と呼ばれるものになります。

でも、iPhoneのsiriは話かけると反応してくれますよね。実は、これも内部では話しかけられた言葉がプログラミング言語に変換されているのです。

siriを使うためのプログラムはかなり複雑かもしれませんが、ここまで大きくなくても、プログラミングを学べば色々と便利なサービスを自分で作ることができます。

プログラミングを学ぶメリット

プログラミングがどういうものなのかがざっくりと理解できたところで、習得することでどんなメリットがあるのかを考えてみましょう。

例えば、今では使えることが当たり前となったワードやエクセル。実は、これもプログラミングでできているのです。

エクセルすらなかった時代では、業務で変更箇所があった場合、いちいち手作業で修正する必要がありました。その変更箇所が何万件もあった場合、考えるだけでも嫌になりますよね。

でも当時の凄腕エンジニアたちがプログラミングによってエクセルというアプリケーションを発明したことで、作業時間が大幅に短縮されました。

世紀の大発明と言われるくらい話題となり、瞬く間に世界中で使われるように。

ここで重要なことは、 今まで苦労してきたことがプログラミングによって改善され、業務の時間短縮という価値を生み出したということです。

2017年となった現在、世の中にはモノやサービスがあふれています。また、仕事面でも単純な業務がどんどん自動化され、昔ほど苦労しなくてもよくなりました。

業務が自動化されると、時間に余裕が生まれます。そうすると、手が空く人が増えるわけですよね。その時間、何をすればいいのでしょうか?

ぼーっとしているだけでは、会社から必要とされなくなり、リストラの対象になります。でも、プログラミングスキルがあれば、 新しい価値を生み出すことができるので、食いっぱぐれることはまずありません。

言われたことだけをやればいいという時代はもう終わりました。これからは今あるモノやサービスを組み合わせて、創造するというスキルが必須となっていくでしょう。

将来的にはわかりませんが、少なくとも今の段階では0から1を生み出すことができるのは人間だけ。それが実現させる手段として確立されてるのがプログラミングなのです。

多くの著名人もプログラミング習得の重要性を説いている

現代の成功者が口を揃えていう言葉があります。それは、プログラミング習得の重要性について。

ここでは、それぞれの成功者たちの言葉を引用しながら紹介していきます。

バラク・オバマ氏(元アメリカ大統領)

最新のアプリをダウンロードするのではなく、設計してください。
それらをただ遊ぶのではなく、プログラムしてください。誰もがプログラマーとして生まれたわけではなく、少しのハードワークと数学と科学を勉強していれば、プログラマーになることができます。あなたが、誰であっても、どこに住んでいてもコンピューターはあなたの将来において重要な役割を占めます。
あなたがもし勉強を頑張れば、その未来は確かなものとなるでしょう。
引用:President Obama kicks off the Hour of Code 2014

偉大なる元アメリカ大統領のオバマ氏は、在任中の頃からアメリカ国民のプログラミングスキルを向上させるために様々な政策を実施してきました。動画で語られているコンピューター科学週間もその一つです。

スティーブ・ジョブズ氏(Apple創業者)

パソコンは脳の自転車と広告を出したことすらある。これまでの歴史を通し人類が発明したものの中でコンピューターが一番それに近い重要性を持つ。
この国の全ての人が、プログラミングができるようにならなければいけない。なぜなら、”考え方”がわかるようになるからだ。ロースクールに行くようなものだよ。
引用:スティーブ・ジョブズ1995

世界的大企業、Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズのインタビューより。この頃から、将来的にはウェブが世界を圧巻することを予測していました。

プログラミングを学ぶことは常識を知ることと同じくらい重要である子ことをインタビューで述べています。

マークザッカーバーグ

Embed from Getty Images

社会を前に進め続けるための、僕ら世代の課題とは、「新しい仕事だけでなく、新しい目的意識も創り出す」ということです。

大学生の卒業生に向けて、ザッカーバーグがスピーチした時の動画。直接プログラミングのことには触れていませんが、仕事を創り出すということは、プログラミング習得によって実現できることを前提として話しているに違いありません。

三木谷浩史

Embed from Getty Images

英語化は楽天の英語化であったり、今のTOEFL化とかで、結構うまく世の流れを少しは変えられたかなと思っているので、次はちょっとプログラミング、日本国民のプログラミング力を上げるというプロジェクトを。
IT(情報技術)産業の技術者の供給源である情報工学や数学などの修了者は、日本では年に約2万3千人。米国では約25万人、中国では約100万人といわれる。英語とコンピューターの簡単なプログラムが組めることを現代の読み書きそろばんと位置付け、高校や大学の一般教養の必須科目に組み込んではどうか
引用:「日本史なんかより、プログラミングを教えるべき」三木谷浩史氏と夏野剛氏が日本の技術者不足を嘆く

国民のプログラミング力を上げるプロジェクトを立ち上げるくらい、その重要性と人材不足を問題視しているようです。どのようなプロジェクトになるのか、三木谷氏の動向に注目ですね。

堀江貴文氏(元ライブドア 代表取締役社長CEO)

Embed from Getty Images

ん? 世界的にプログラミングの賃金が平準化する途上が現在だよ。当面は途上国の方が賃金が安いだろうけど、そのうち同じになるはず。優秀な人は楽して稼げるよ
引用:ホリエモン「プログラミングほど優劣の差が大きい世界はない!」

常に時代の先を見据えた発言をしている堀江氏。プログラミングができる人ほど楽して稼げると断言していますね。これには僕も全くもって同感です。

まつもとゆきひろ氏(プログラミング言語Rubyの設計者)

プログラミングはハッピーなことばかりではありません。締め切りに苦しむことも、原因がわからないバグに悩まされることもあるでしょう。それでも、やっぱりプログラミングは楽しいものです。あなたがプログラミングの楽しさを最大限に享受できるプログラミング生活を送られるように祈っています。
引用:まつもとゆきひろ氏の名言より

言わずと知れた、国産プログラミング言語Rubyの父。開発者だからこそたくさんの苦労があったと思いますが、それを踏まえた上での発言です。

南場智子氏(DeNA取締役ファウンダー)

「DeNAは数年前からグローバル化、国際展開をフルスロットルで進めており、中国やアメリカに拠点を展開している。そのなかで、日本の人材について課題を感じ始めたというのが正直なところ。
グローバルに通用する人材になるためには、最低限、母国語と英語、そしてプログラミング言語が必要。
引用:DeNA南場智子氏「プログラミングはグローバル人材に必要な能力」 小学1年生から教育へ

日本を代表するキャリアウーマンの一人、南場氏。日本人が今以上にグローバルで活躍するためにもプログラミング教育の前例を作るべく活動されています。

藤田晋(サイバーエージェント 代表取締役社長

今、僕には2歳の息子がいるが、
絶対にプログラミングを習わせます。職業人口的に不足しているのは明らかで、プログラミングができたら食っていける。
国際的な競争力のあるものを作るという観点においても、日本でプログラマーを育てないといけない。
引用:堀江貴文氏×藤田晋氏「“プログラミング”ができるとモテる」「義務教育化をすべき」

サイバーエージェントの社長で、堀江氏と対談することが多い藤田氏。子供がいる親目線で見ても、早いうちからプログラミングを学ぶことの重要性を対談で語っています。

最後に

これからの時代において、自分の存在価値を上げるためにはプログラミングを習得することがいかに重要か、今回の記事でお分かりいただけたと思います。

平凡なビジネスマンだけでなく起業家や経営者にとっても、競争社会で生き残っていくためにロジック思考は必須。自分の将来を成功させるための最短ルートこそ、プログラミングの習得と言えるでしょう。

「プログラミングの必要性はわかったけど、何から始めていいかわからない」

そんなあなたには、下記のボタンから私のLINE@に登録してみてください。安定して月収50万円を稼ぐフリーエンジニアになるための方法についてお教えします。

LINE@にてフリーランスエンジニアが知るべきIT業界の真実を配信中!

それでは、今回はこの辺で。ありがとうございました。