今からすぐにWEB系フリーランスエンジニアになるべき11個の理由

way to

1. 学歴関係なし

sucess

エンジニアというのはそもそも実力とクリエイティブな発想力が重要な仕事です。

そもそも学歴というのはどれだけ暗記力がいいかという指標に過ぎない。

あとはお堅い大企業の人事部が学歴が好きだというだけの話。

はっきり言って学歴が高くても無能な人材はいっぱいいる。

学歴が高い人材社会で活躍する人材 なのです。

2. 経歴関係なし

この業界は今空前の人手不足となっています。

なので他の業界業種の経歴を持っていても、エンジニアという職に興味をもってやる気があれが誰でも歓迎する状況なのです。

3. 性別関係なし

男性はいいですね。

女性はもっといいですね。

女性は結婚出産育児ということもありますが、エンジニアのスキルを身につけていれば社会復帰は簡単です。

フリーランスエンジニアなら在宅勤務の案件もあります。

やはり圧倒的に男性の方が多いですが、女性はむしろ大歓迎という企業が多いです。

やはり女性は容姿端麗だとスキルレベルに関係なく引く手あまたといった感じです。

男女問わず、見た目に気を使いましょう^^

見た目が9割りという言葉は本当だと思います。

4. 年齢関係なし

年齢は関係ありませんね。40歳以上は案件が見つかりにくいと言われてはいますが私はそうは思いません。50代でも60代でも仕事はあります。実力は高齢の方の方がスキルレベルが高いので教えてもらうことがとても多いです。

5. 文系理系 関係なし

メーカー系や金融系は理系エンジニアが担当すべき案件もありますが、web系ならほとんどが文系エンジニアでも対応可能な案件です。

文系というのはネガティブなイメージはなく、理系的考え方よりコミュニケーション能力を重視される案件も多いので文系エンジニアは重宝されているくらいです。

6. 仕事が多い

何と言ってもweb系のシステム開発の案件はIT業界の中でも群を抜いて多いですね。

今やwebにつながっていないシステムなんてありませんからねw

仕事が多いので、必然的に仕事探しに困らないし収入も多くなります。

7. 勉強を始めてから2年以内に月収50万円を越える確率100%

私がはフリーランスエンジニアとして独立を支援するコンサルをしています。

私が過去に排出してきたフリーランスエンジニアは21人です。

中には業務経験半年の女性でも月収60万円のフリーランスエンジニアになれた方もいます。そして私がコンサルした人でフリーランスになれなかった人はいません。

ハッキリ言って、私の言う通りにやればフリーランスエンジニアになって月収50万円以上になることなんて楽勝ですね。

8. フリーランスになりやすい

仕事が多いからフリーランスになりやすい。

9. 今後もなくならない

今後、世の中のありとあらゆるものが自動化されたりシステムによって便利になっていきます。まさに攻殻機動隊やアイアンマンなどのようにSFの世界はもうすぐそこまできています。空中に映像を表示すると言う技術もすでに完成してます。

10. ノマドワーカーにもなれる

リモート案件ということもあります。働く場所は自由なので海外でも田舎でも自宅でもどこでもPC一つで仕事ができます^^

自分でシステムやサービスを開発できるので、仕事を受ける側から仕事を作る側にもなれるクリエイティブな仕事です。

11. 自分のサービスを展開できる

メーカー系や金融系や業務系のシステムエンジニアだと何十人で一つのシステムを開発するので、自分一人で全てを開発できるようになることはありません。でもweb系エンジニアならできます。技術力も非常に高いので、IT業界でもっともITスキルのレベルが高いのはweb系エンジニアです。なぜなら失敗を恐れずにどんどん最新技術の活用にトライしていくからです。

まとめ

努力

とにかくIT業界全般で仕事はたくさんあり人手不足になっていますが、web系エンジニア以外はストレスも多くうつ病になるリスクも多いので絶対にオススメしません。

今このタイミングで、学生の方も20代でも50代でもweb系エンジニアを目指して勉強していかれることをオススメします

LINE@にてフリーランスエンジニアが知るべきIT業界の真実を配信中!