【ステップ5】高単価で良質案件を取得する方法 3つのポイント

《3ポイント》
1. エージェント会社を1つ決める
2. 自分の希望条件を伝える
3. アサインが出た時の単価交渉

詳しく見ていきましょう。

[ポイント1]エージェント会社を1つ決める

私はフリーエンジニアの営業という面では何回騙されたかわかりませんw
え?誰に?
フリーエンジニア案件を中心に取り扱っているエージェント会社の営業マンにです。

SES案件の仲介会社は下記の3つあります。
転職エージェント=正社員案件
派遣会社=派遣案件
エージェント会社=フリーエンジニア案件

今回使うのがエージェント会社ということですね。

エージェント会社の定義は「案件を受託開発していない仲介業者」です。

とにかく彼らに高額な中抜きされないこととが高単価案件を取得する上で最も重要なのは
「良心的なエージェントを選択する」ということです。

良心的なエージェント会社であることと、同時に担当営業マンが良心できであるかどうかも重要です。

エージェントを使わずに自分で営業するという手法もありますが、手間がかかりすぎるのと
エンジニア経験が浅いと、初めからエンド直契約は難しいのでエージェントを使うことをお勧めします。

うちの門下生には基本的に私が契約(単価面で中抜きし過ぎない契約)を結んでいる会社を使っているのでその辺の心配はいあらないのですが、
もし個人で営業するときは気をつける必要があります。

だいたい20社中、良心的な会社は1社しかない割合です^^;

[ポイント2]自分の希望条件を伝える

営業するときは自分の単価(月額のお給料)がいくらがいいのか?希望(例50-55万円)を言います。
それを受けてエージェントの営業マンが営業をしてくれるという流れになっているのですが
ここで伝えた金額以上の単価で決まることはまずないので気を付けましょう!(下回ることはあります)

希望単価を伝える上で重要なのは、自分のスキルの始業価値(相場)にいくらなのかということです。
これを見誤るとかなり営業が難航します。

例えば僕の場合は強気にいき過ぎてました笑
まだスキルが低い時に
小松「65万〜70万円で!」と営業担当に言いました。
そしたら
営業「小松さん。。高いっす^^;」
僕はどうせ嘘でしょwと思いました。
なので、
小松「いいからそれで営業してください」
営業「は、はい^^;」

この時の営業活動は悲惨でしたw
面談12件連続、不採用記録を更新しました笑
原因は自分の希望単価が高過ぎたためw
この経験でかなり苦労しましたが、おかげで面談スキルが爆発的に向上しました笑

僕の付き添いで面談に行った営業は必ず、自己PRの完成度に感激してくれますw

と言うことで、希望単価は多過ぎても低過ぎてもいけません^^;
でも、初めてフリーエンジニアになる時に自分の相場なんてわかりませんよね?
かと言って、エージェントに相談してはいけません笑
だって、相場より低い金額が妥当だと言われて騙される確率99.999%なのでw

とう言うことで、私に相談してもらっても構いません☆
私はエンジニアの給料が営業マンや所属会社に搾取されている現状を変えたくてこの仕事をしているので!

[ポイント3]アサインが出た時の単価交渉

結論から言うと単価交渉はしない方がいいでしょう。
良心的なエージェントを見つけて、最初に伝えた自分の希望単価に収まっていたらアサインすると言う形ですすめるのが良いです。

と言う私は昔、
10社のエージェントを同時に使って営業しまくってたことがあります。
並行面談を受けまくって、ほぼ同時に複数の会社からオファーをいただきました。

そして、単価交渉開始です
小松「A社は単価60万って言ってるけど、こっちが65出せるならこっちにしよかな〜と思ってます」
営業「んーー厳しいですけど上位に交渉して見ます!お待ちを・・・小松さん!いけました!ぜひ決めてください」
小松「税別だよね?」・・・

と言うようにね。

こう言うことをしているとかなりの弊害があるのですが、僕は後々それに気づきました・・・w
最初はいいのですが、だんだんエージェントの裏のつながりによって自分の並行している状況が筒抜けになります。
それによって、営業依頼しても「小松さんはあの会社でも営業してるしうちは関わるのやめとこう!」という反応になってきます。

営業同士はかなり裏で繋がっているので、有名どころの会社は大概繋がっていると思ってオッケーです。

なので、エージェントを並行することはやめて、一つの信頼できるエージェントを見つけて
そのエージェントを通して複数の案件面談を並行することが最も効率的でスマートな営業方法といえるでしょう!

いかがでしたか?

こうやって僕は手探りでひたすら頭をブツケテ血まみれになりながら(笑)
フリーエンジニアとしてスマートに安定した高単価案件を獲得し続けるノウハウを確立していきました。

ここまで読み進めていただき本当にありがとうございました。

でも、そんなあなたに謝らないといけないことがあります。
実はこのノウハウ通りやってもフリーエンジニアにはなれません。

えええ!

どういうこと!?

考えて見てください、これまでの学歴や経歴が全て一緒という方はいません!
全員十色全然ちがうのです。

だから、フリーエンジニアになるための最短最速ルートもひとそれぞれ違うのです。
もちろん私とあなたでも違います。

でも、私は「フリーエンジニアになって人生をステップアップしたい」と願う全ての人々に
そのチャンスを提供するためにこの仕事をしています。

私がフリーエンジニアとして通用したやり方が、自分以外の人でも応用できるか?という試験を2年に渡って実施してきました。
その結果、2年間で27人中27人のフリーエンジニアを誕生させることに成功しました。

ここまで読み進めてくださり

なお且つ!

「本当にフリーエンジニアになりたい!」と思うあなたには

特別なことをしたいと思います。

「個別無料相談」をプレゼントしたいと思います^^
エンジニア経験の有無は関係ありません☆

LINE@で「無料個別相談」と返信してください。
↓↓↓こちらのLINE@↓↓↓
https://linecc.me/lp/1u/fm3

月収50万円を安定的に稼げるフリーランスになりたいあなたへ…
30歳以下専用!! 47日以内で確実に
毎月50~70万円を稼ぐフリーエンジニアになる方法5ステップを
完全無料で全てお教えします。

【ステップ1】マインドセット
http://line.me/R/home/public/post?id=tkt4574a&postId=1149705357508011891

【ステップ2】企業から面談依頼が殺到するスキルシートの書き方
http://line.me/R/home/public/post?id=tkt4574a&postId=1149705978108015135

【ステップ3】面接官に「明日からうち来て!」と言われる面談スキル
http://line.me/R/home/public/post?id=tkt4574a&postId=1149711395908011732

【ステップ4】「フリーエンジニアになる最大のメリット=稼げる」を理解する
http://line.me/R/home/public/post?id=tkt4574a&postId=1149711395908011732

↑↑↑まだ見てない方はこちらからどうぞ☆↑↑↑